安心で安全な農産物
化学肥料や農薬を必要最小限に抑えて栽培された農産物は、安心で安全な農産物といえます。では、実際に安心で安全な農産物といえる基準は何なのでしょうか?

少しでも安心で安全な農産物を栽培している地元の生産者の方々と消費者の方をつなぐのがファームダイレクトの目的です。ファームダイレクトでは、生産者の栽培方法を次のカテゴリーで分類しています。生産者や生産物を選ぶ際に参考にしてください。

有機栽培
生産過程において、原則として化学合成農薬、化学肥料及び化学合成土壌改良資材を使用しないで、3年以上経過し、堆肥等による土づくりを行った圃場において、栽培する方法をいいます。有機JAS認証機関による認定を取得しておく必要があります。

無農薬・無化学肥料栽培
農薬または化学肥料を使用しない栽培方法をいいます。但し、有機農産物と異なり、前作までの農薬等の使用状況は問いません。

減農薬・減化学肥料栽培
化学合成農薬または化学肥料の使用を、同じ地域の同じ時期に慣行的に使用される回数又は量の5割以下に減らして栽培する方法をいいます。

特別栽培
特別栽培は県が定めた、地域別に、一般栽培における農薬の成分ごとの散布回数と化学肥料の量を半減して栽培する方法です。減農薬・減化学肥料栽培ですが、都道府県等の認証機関による認証を受けている必要があります。

自然栽培
無肥料で、農薬不使用を特徴とし、作物の成長を手助けしながら、自然の状態で栽培する方法をいいます。

その他の栽培方法
全国各地には、様々な栽培方法や農法があります。○○栽培や○○農法という名前をつけて、各団体や生産者グループが普及活動を行っています。特別な資材を使用するものや栽培方法の特徴を捉えたもの等様々です。これらの信念を持って活動されている生産者達に共通することは、安全で安心な農産物を作りたいという強い思いです。ファームダイレクトは、これらの栽培方法や農法を応援しています。


ホームファームダイレクトについて特別商取引法に基づく表記お問い合せ個人情報保護方針(ポリシー)ヘルプ