しゅりの里 (高知県)
        お気に入りに追加   ブログ更新通知を受け取る
20歳の時、青年海外協力隊でパラグアイへ養鶏隊員として2年間。
帰国後、某商社営業マンを5年、転勤がきっかけで高知県へ
自然溢れる環境で子供を育て農業をしたい!
そんな想いで現在の高知県三原村へ移住して、
平成14年しゅりの里を開設しました。

南国土佐の太陽と、緑豊かな三原村の新鮮な空気と水、
20,000?の牧草地で、24時間のびのびと育った
放し飼いの地鶏のたまご・肉・肉・加工品の生産・販売を
行なっております

鶏さんたちのエサにも当然こだわり、
非遺伝子組み替えPHFとうもろこし、非遺伝子組み替え大豆
黒潮の恵みの宗田鰹、海藻、木炭、天然天日塩、天然酵母など
毎日の気温・湿度・鶏と相談して自家配合しています。
もちろん、化学系薬剤は一切使っていません。

私たちの子供に食べさせたいと思うものをお客様に提供する。
高齢過疎化の進む里を守る。
これがしゅりの里の基本理念です。
所在地
〒787-0811
高知県  幡多郡三原村大字芳井1814番地  しゅりの里
所在地情報
詳細地図があります
連絡先
しゅりの里
http://www.shurinosato.com/
詳細情報
[営業時間]
9:00 〜 17:00
[定休日等]
なし
[環境や地域社会に貢献する取り組み]
三原村の自然はすばらしい農村空間です。
美しい日本のふるさとです。
最近よく山菜が採れますので
採りに来た皆さんからお礼に山菜を調理したものや、
お漬物をいただいたりする機会が増えました。
 いや〜! 美味しいのです。
どこかの大きな加工場で作ったのとは違い
素朴な家庭の そしてどこか懐かしい味・・・
 お袋の味ってやつですな!
三原村では 未だにまきを焚いて
自分で育てた大豆・米を使って味噌を作ったり
豆腐・こんにゃくを作ったりお漬物を作ったりしてます。
それぞれの家で、個性があってそれはそれは美味しいものです!

私たちに与えられた自然の恵みを大切に保護し、積極的に活用していく農林業の振興にこそ潤いある農村環境づくりと考えます。
 どこでもやっている特産品の開発・・・
 なんか箱物ありきで、加工場から作ったりしてますが・・・
まったく素朴さ・懐かしさ・やさしさがちがうのです!
こんな村では、高齢化が進み味噌や漬物などを作る(教える)
貴重な人たちが少なくなってきております。

伝統文化を引き継いで、伝統技術を発掘して特産品を作ること
特に販路を開拓して地域に雇用を作ること

これが私に課せられた使命だと思っております。
地域振興のヒントは、ごく身近にあるはずです。

 高齢過疎化の進む 里 を守る。
 わが子に食べさせたい物を生産し、お客様へ提供する
つながる会員

つながる会員がいません。

イベント情報

イベントがありません。

新着ブログ
2011年02月17日
 しゅりの里の文旦が食べ頃です!

2011年01月21日
 至高のたまごかけご飯セット

2011年01月19日
 幻の逸品 復活します!



ホームファームダイレクトについて特別商取引法に基づく表記お問い合せ個人情報保護方針(ポリシー)ヘルプ